家族信託とは

「家族・親族に対する資産承継」「高齢者・障害者のための財産管理」の為に自分の財産を預ける(信託する)ことを家族信託といいます。信託出来る財産としては金銭、有価証券、金銭債権、動産、土地及びその定着物、地上権などがあります。

判断能力が低下した際の管理、先祖代々続く財産の承継、財産に関する知識が少ない家族を守る、このような目的から注目を集めています。

家族信託によるメリット

  • 遺言より、受託者・受益者を幅広く指定できる
  • 生前から遺言効果を発揮できる
  • 相続発生時にも、スムーズな財産管理が可能
  • 贈与税がかからない
  • 成年後見制度を補うことが可能

信託とは

財産の所有者が財産を預けて、財産の管理・処分等を任せる(信託する)ことを言います。それを家族内で行うことを家族信託と言います


× 信託銀行の業務ではありません

信託銀行の「遺言信託業務」は「遺言書作成+保管+遺言執行」のサービス総称です。

× 投資信託ではありません

投資家からお金を集め、更に投資する投資信託とは異なります。

信託のしくみ

信託とは「委託者」が信託契約や遺言によって信頼できる「受託者」に財産を移転し、「受託者」は信託目的に従って 「受益者」の為に財産を管理・処分する一連の仕組みのことです。