不動産所有法人の設立・活用

不動産経営の為の相続(税)対策

ご自分の財産を把握するのが第一歩

相続(税)対策をするには、まず自分の財産がどれくらいあるのか、それに対して相続税がいくら課税されるのかを知ることが、 相続(税)対策の第一歩です。

では、実際にはどのようにすればよいのでしょうか。

①財産の総額を知るために、種類別に財産の内容を把握します

  • 土地、建物、預金、有価証券、生命保険、ゴルフ会員権、その他の財産がいくらあるのか
  • 借入金や税金の未払い等の債務がいくらあるのか
  • 土地、建物等からの収入が年間どれくらいあるのか

②財産の内容を把握するために、書類を用意します

  • 土地、家屋の名寄帳、固定資産評価証明書等
  • 預貯金、有価証券、生命保険、その他の財産の明細
  • 借入金の明細及び返済条件、預かり敷金及び保証金の明細
  • 所得税の確定申告書及び各種所得の収支明細書
  • 同族会社の決算書、申告書、勘定科目内訳書

③必要な書類から財産評価をし、現状を把握します。

  • 現在の財産額では、相続税はいくら課税されるのかを把握します。
  • 将来、どのような方法で相続税を負担するのかを考えます。

相続(税)対策における基本3原則

  1. 分割対策・・・財産分けでもめないこと
  2. 納税対策・・・相続税の円滑な納税
  3. 節税対策・・・相続税を少なくする

およその相続税額が把握できましたら、『相続(税)対策における基本3原則』を十分理解して相続(税)対策の実行に入ります。
相続(税)対策には、十分な理解と長い年月が必要です。相続(税)対策は十人十色です。どうぞ、ご相談ください。

主な相続(税)対策には

  • 生前贈与を活用した対策
  • 養子縁組による対策
  • 遺言書作成による対策
  • 土地の有効活用による対策
  • 不動産所有法人設立による対策
  • 生命保険を活用した対策

などがあります。