光成会計事務所

株式会社日本資産総研札幌
IOS株式会社

011-221-1777

受付時間 9:00-17:30 (土・日・祝休み)

お問い合わせ
top > 事業案内 > 相続 > 相続、贈与特集

相続、贈与特集

相続するにはどうすれば良いのか?解説します!

相続には様々な方法があります。ここでは相続にはどのような方法があるのか簡単に説明いたします。詳しくは弊事務所へお尋ねください。

財産がある場合

誰が相続するか遺言状に記載されているときは、遺言状の通りに相続させていただきます。
遺言状での遺贈の他にも、生前贈与により、相続財産を減少させたり(相続税対策)、相続争いを予防したり(相続対策)することも可能です。

相続発生前の対策に関してはこちら

相続人が一人しかいない場合

全ての財産債務を一人の相続人が相続します。

相続人が2人以上いる場合

誰がどの財産を相続するかといったお話合い(遺産分割協議)で決めていただきます。

遺産分割協議で決まらない場合

家庭裁判所を交えてお話し合い(調停手続)をします。また、調停手続きで合意できない場合は、裁判所が審判を出しますので、審判のとおりに相続していただきます。

相続発生後には様々な手続きが順次必要となっていきます。

詳しくはこちら