光成会計事務所

株式会社日本資産総研札幌
IOS株式会社

011-221-1777

受付時間 9:00-17:30 (土・日・祝休み)

お問い合わせ
top > 事業案内 > 相続 > 相続発生前の対策

相続発生前の対策

相続発生前の対策

相続が発生する前の段階から対策を行うことは、円満な相続はもちろん、大切な資産を守ることにつながります。発生後と比較すると、より多くの対策を行うことが可能となります。

対策1

生前贈与

相続財産を減少させるための生前贈与(相続税対策)、相続争いを予防するための生前贈与(相続対策)があります。

対策2

税務対策

生前贈与、生命保険、退職金共催に加入、遺言、土地活用、法人設立など。

対策3

相続税資金準備

相続税の納付方法は、原則現金一括納付です。納付期限は相続開始から10ヶ月以内です。納付期限までに納税できないという事態にならないよう、相続税を賄える程度の現金を準備しておく必要があります。生前贈与する、生命保険を契約する、相続財産を売却する、借り入れを検討するなどの手段があります。

上記の3つの対策を行うためには、とにかくまず自分の持つ資産を把握する必要があります。そのためには、土地、建物などの財産がいくらあるのかといった財産目録をつくるところから始まります。そうして分割・納税・節税の3本柱を基本に相続対策を行うこととなります。初めての方でも安心してください。私たちスタッフが懇切丁寧にお手伝いいたします。

総合資産プランニングについて

相続にまつわる事柄は非常に多岐にわたり、それぞれに専門的な知識を必要とします。
相続が発生する前の段階から、スムーズな相続と納税、さらに相続後の資産構成に至るまで、確かなスキルをもったプロフェッショナルがトータルにサポートするサービスです。
家族構成、資産の状況など、丁寧にお伺いし、お客様の想いを大切にし、最善のご提案を致します。